格安スマホのメリット

古くは3Gから4Gになり、通信料によってスマートフォンの料金が変わった頃から、通信費が一気に高くなった方も少なくないのではないでしょうか。そんな時助けになるのが格安スマホです。格安スマホには3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)にはないメリットがあり、それを生かすことでより良いスマホ生活が送れるようになるのです。今回、この格安スマホのメリットについて通信費などの金額や手続きの簡単さ、生活スタイルなどにも触れながらお話ししていきます。格安スマホのメリットを知ってもらえたら幸いです。
まずメリットとして挙げられるのが金額です。基本通信料に関しては三大キャリアの半額以下という所も少なくありません。契約プランを検討すれば、基本的な料金を含めたトータルの金額が従来の半額以下で利用できるのです。三大キャリアの場合、多くの方はちょっと上位の端末を契約し中間的なプランを選択するのですが、一人当たり1月の料金が7,000円を超えることも珍しくありませんが、格安スマホを契約すると半額以下に収まります。確かに三大キャリアでもそれに迫る金額にすることは可能ですが、自宅用の固定回線の契約や電気の契約、家族の契約などを契約しないと達成されないことも多く、どんどん複雑になっていきます。万が一それらの一つを解約するとスマホの料金が跳ね上がるということになります。
店舗で待つ必要がないのもメリットです。格安スマホの場合、多くはネット上で対応してもらえます。人件費や代理店を置かない分安くできるという理由もあるのです。三大キャリアの場合確かにネット上でも取引はできますが、ほとんどは実店舗へ行って契約や手続きを行うことになります。土日や祝日などの休日に行ったとすれば、長蛇の列や延々と続く番号の呼び出しなど、スマホの手続きだけで半日終わってしまうこともあります。そう考えると全てネットで完結するので仕事が終わった夜に操作して契約完了ということもできる格安スマホはメリットが大きいです。
意外と回線の質が良いのもメリットです。確かに三大キャリアに比べて、それらの回線を間借りしている分品質が落ちるのですが、よほどの大災害やeスポーツ並みのスマホゲームの利用でなければ基本的に問題なく使えます。頻繁に回線が切断されたり、定期的に停波して通信不能になるわけではないためコストパフォーマンスの良い回線と言えます。つまり、SNSや動画を見る分には十分なことが多いです。動画に関してはwifiを使えば三大キャリアとほとんど遜色ありません。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク