格安スマホは扱いやすいか

格安スマホ扱う会社は自社で通信回線を持たないで、三大キャリアの通信回線をレンタルしていて、莫大な初期投資など必要がありません。そして、他者から通信設備を借り受けて、音声通信などサービス提供の事業者のことをmvnoといって、これはネットで申し込みが主で、実店舗少なく、その分店舗家賃などかからないです。そしてかけ放題につけるかどうか自由に選べて、低価格端末も取り扱ったり、自分に合わせたプラン選べるのが特徴です。そして月額料相場として1600~2500円となって、三大キャリアに比べて月額3000~5000円程度安くなります。そして、格安スマホ最大の利点で、その名通り月額料が安いことですが、ほかにもメリットがあります。安さの理由で説明しましたが、格安スマホ自分に必要サービスだけ選べて、無駄がなく、かけ放題つけるかどうかなども自分で選べて、つけるもの少ないほど料金が安いです。そして、3大キャリアで契約して2年内に解約すrば9500円の契約解除料が発生して、2年縛りありますが、格安は、これほど公機関縛りある会社ほぼないです。そして、最低利用期間中解約で8000~10000円程度の契約解除料が必要となります。そして、3大キャリアから格安スマホ乗り換えれば、今まで使ってたメールアドレス使用できないです。そして基本的にヤフーメールなどフリーメール利用しますが、中には迷惑メール多さで3大キャリアメール以外受信拒否設定してる方もいます。そして自分が送ったメール拒否されないよう事前に自分のメールアドレス伝えて、受信できるようにしてもらいましょう。そしてネット銀行みたいにセキュリティ重視のサイトはワンタイムパスワード送信先で、フリーメールでなく、スマホなどキャリアメールを強く進めると記載していて、フリーメールでも両可能ですが、セキュリティは一層注意しましょう。ワンタイムパスは一定時間のみ有効で、一度しか使えないパスワードで、ネット銀行でよく利用されています。そして、3大キャリアでスマホ契約なら、すぐ電話などができる状況にして、スマホ渡してくれますが、格安はapnちょぶ接続情報設定など自分でやる必要があり、説明書読むと直ぐ設定できるようになってますが、日ごろ読むの苦手な方はハードルが高かったりします。そしてデジタル苦手な私が実際して5分でできました。説明通りタップなどしていくだけで、余怖がらなくてもいいです。格安スマホはネットで申し込み基本となります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク